Warning: Illegal string offset 'capabilities' in /home/umycodesign/umycodesign.com/public_html/wp-includes/class-wp-roles.php on line 279

Warning: Illegal string offset 'name' in /home/umycodesign/umycodesign.com/public_html/wp-includes/class-wp-roles.php on line 280
ほとんどが手作り?デンマークの我が家大公開! – Umyco design

ほとんどが手作り?デンマークの我が家大公開!

こんにちは。近頃、何だか日にちもテーマもいろいろで書いてますが、溜まっているテーマの中からその日にとにかく書きたいと思った内容をまとめるようにしています。その方が、気持ちや内容がより伝わるかなと。

今日はデンマークに来てから特に知りたかったデンマークの実際の住まいやインテリアの使い方について見ることが叶った、私の現在住んでいるアパートをご紹介させていただきます。

こちらに来てから、様々な場面でデンマーク人のインテリアに対する考えや基本的なセンスのレベルの高さに常に驚かされています。そんな気持ちを含めて詳細にご紹介していくため、今回の記事は少しいつもより長くなりますがお付き合いください。

私は現在、NY滞在中に出会ったデンマーク人に部屋をシェアさせてもらっています。というのも彼のご家族がここのオーナーなのでシェアというよりは、本当に住まわせていただいているという感じ。だと思ったのですが、実際は私の方が家にいることも多くゲストも多かったりするのでどっちがオーナーだったっけ?となっていたりもしますが。

ここコペンハーゲンは年々在住者が増えており、住宅の数が需要に対して追いついていないため、ホントーーーウに家探しが大変です。私も今の家が決まる前はインターネットのサイト等で探していたのですが、なかなか良い条件の家を探すことができず、やっと良さそうなところが見つかった!と思ってもすぐに住み手が決まってしまったりでかなり時間と根気のいる作業でした。特に日本からとなると時差もあり、実際に見に行けるのはこっちに来てから、、、なので少し中心から離れた場所にするべきか?なんて少し諦めかけていました。そんな時、今のルームメイトに相談したところあと少しで同居人が出て行くからここ来る?と。しかも以前遊びに来たことのある場所で、立地、室内も完璧でこんなところ住めたらいいのになと理想に思っていた場所だったので、本当にラッキーでした。そんなルームメイトはインテリアを良くすることに常に夢中で、最近やっと素敵に落ち着いて来たので是非その室内を彼に許可を得た上で公開させていただきます。

部屋は、エントランス、ダイニングルーム(オープンキッチン)、リビングルーム、寝室2室、バスルームという構成になっています。

まずは、このリビングルーム。部屋からの景色は教会と緑が見えてとってもフレッシュです。このブリックウォールはなんと彼の手作り。全てブリックを運び込んで作ったそう。彼の好みの剣やビンテージ(?)の看板が飾ってあります。また、このコーヒーテーブルも最近、ローラーの脚部をスチールを溶接して作ったものに変えたところです。今はソファが気に入っていないそうで新しいものを探しています。座り心地は割と好きなのにな、、確かにカウチの向きは変えるべきですが。ちなみに、ラグの向き変えたら?など私もいろいろ口出ししちゃってます。

 

続いてダイニングキッチン。

ここはかなりの時間を過ごしているので本当に私の大好きなスペースです。なんと(また)このテーブルは最近、彼が手作りで作ったものなのです。最近まで白い楕円型のエクステンションテーブルを使っていました。そのテーブルに対してこれ本当に好きじゃないんだよねといつも文句を言ってはいたのですが、本当に新しいものを作ってしまったので驚きです。

こちらが以前のテーブル。壁もテスト中です。

テーブルの天板は大きな何も加工されていないスライスされた木板から切り出し、足もコーヒーテーブル同様スチールを溶接して作っています。安めの材料を時間をかけて探して集めていたのも見ていたので本当にこだわりが感じられます。天板はオーク材なのですが、経年変化で黄色くなってしまうのを恐れて白いソープを何度かに渡って塗り込んでいます。それも寝ても覚めてもの作業で、、。

こちらができたてほやほやのテーブルです。

ちなみに、少し脱線しますが、彼と話した結果、今後デンマーク手作り家具の販売なんていう新しいことを考え中です。まずは、私のコーディネート物件に入れさせていただこうかと思っているのでもしご興味のある方はご連絡ください。こちらの雰囲気を最大限に取り入れたコーディネートになると思います。私も今からワクワクです。

 

こちらのアームチェアの横の銅の照明の設置は私の提案が採用されました。本人も気に入っているし、ゲストが来てもみなさんにとって居心地の良いスペースになっているようでよかった〜。

また、写真ではわかりにくのですが、この部屋の壁の色は白ではなく、淡いシャンパンカラーです。これも何回も色を決めるためのテストを繰り返してやっと決まりました。キッチンがグレーとオレンジ系の木目だったのでグレーでもベージュでもない中間色が良いよ!というディスカッションののちそこからなかなかちょうど良い色のペンキが見つからずずっと悩んでいたのです。仕上がりはとっても品の良い色でさすがのチョイスだなという感じです。

ちなみに、壁にテストしていた期間は、来る友人に、これアート?なんて聞かれたりしていました。

アートにも見えるカラーリングテスト

このキッチンも昔はオープンキッチンではなく壁で仕切られたキッチン室だったそうです。さすがにここは改装が入ったそうです。ダイニングを見渡して料理ができるので料理好きな私としてはお気に入りの空間です。彼は料理してもあっという間に終わってしまうので、勝手に私メインの場所だと思っています。

ちなみに徐々に気づき始めたのですが、何気なく使っているカトラリーや燭台などがGeorge Jensenのものだったり、食器もRoyal Copenhagen, Skagen, Normann Copenhagen のものなどでこっちの良いものばかり。こんな何気なく使っているのもすごいし選ぶもののレベルが高いなとここでも実感しました。

ちなみに、電子レンジの位置が異常に高かったり、とにかく日本では絶対ありえない瓶が頭上においてあったりなど驚くこともたくさんあります。私はもちろん毎回椅子を持ってきて使っています。

続いて、ダイニングスペースの横にある小さなバルコニー。こちらもなんと(またまた)彼の手作り。え?という感じなのですが、外にクレーンが来て吊り上げて工事をしたそうです。もちろん窓も腰窓だったので変えています、小さなスペースにおさまるよう折りたためるテーブルやお店にあるような屋外用の暖房、バーベキューセットの設置まで全て手で作られています。

さて、続いては私の寝室へ。

ここも彼が、もともと腰窓だったところにフレンチバルコニーと吐き出し窓を作り変えています。窓が大きめなので明るくとっても居心地が良いです。私が来てから使いやすい様にレイアウト等は変えています。

Ferm Livingのグリーンをおいたり、小さなスツールおいたりなどして自分風にアレンジを加えました。

デスク前の壁にはインテリアショップ等でもらったポストカードなどをギャラリーウォールの様に貼ってみました。気分によってすぐに変えられるので良いです。また、お花は造花でユーカリだけドライフラワーにして本物をおいています。全く手入れをしなくていいのはとても楽ちんです。

いかがでしたか?デンマークの暮らしが少しでも見えたら嬉しいです。

インテリアの仕事をしている身としてこんなに多くを実際に体験できるのは大きな収穫となっています。最新のデザインやデザイナーにデザインされたものはもちろん良いですし、デザイナーとしてできるだけ多くを見るべきだと思います。それと同時に人々の生活がどの様にあって、そのくらいインテリアに興味、もしくは生活に取り入れられているかを知ることもとても重要だと思っています。

注)私のルームメイトのインテリアに対する思いやこだわりは普通のデンマーク人以上なようです。

 

長くなりましたがここまで読んでいただきありがとうございます。また、気づいたことや感じたこと、見たことをまとめていこうと思います。次回の記事もお楽しみに〜

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください